融資審査で重要視される個人信用情報

ローンの審査に落ちた!カードが作れない!そんなときは今すぐ相談 ↓↓↓
ローンを利用したり、分割払いで商品を購入した場合、【個人情報】と共に【金銭にまつわる信用情報】が、第三者である専門機関に登録され管理されています。

これらは個人の支払能力や信用力を客観的に判断するために利用され、情報も情報機関間で共用されています。

「新しくローンを組もうと思ったら、審査に落ちたんだけど・・・」と困惑している方のうち、信用情報機関に保存されている情報が原因である場合が少なくありません。

融資審査では、この信用機関に登録されている情報が参照され、過去の支払いにおいて問題がなかったか審査されます。

新規融資に通る通らないも、すべてはこの情報が握っているといっても過言ではありません。



大切な自分の信用情報を
今すぐ確認するなら、熟練の
アヴァンス行政書士法人
にお任せ!



融資申請時点で登録されている

登録にかかる日数

間違った情報が登録されている可能性

姓名が変わると信用情報が白紙になるのか?

個人信用情報機関は現在3つに統一されており、それぞれ、照会記録情報は6ヶ月、取引情報は契約終了日から5年間、情報が保持されることになり、信用機関同士でデータの共用もあります。

▼個人信用情報機関
・携帯会社やクレジット信販を中心に扱う『CIC』
・銀行系を中心に扱う『KSC』
・消費者金融を中心に扱う『JICC』

知りたい信用情報内容によって、開示請求先を選択する必要があります。
アヴァンス行政書士法人なら、迅速丁寧に全力でサポートしてくれますので安心です!


(c)融資審査で重要視される個人信用情報
会社設立